NIWAKA Corporation RECRUITING SITE 2017

LUCIE横浜みなとみらい店オートクチュールデザイナー K.M.



『ブランドのコンセプトに共感し、入社を決めました』



学生時代は美術大学で絵画を専攻しており、漠然と、ものづくりに携わる仕事がしたいと考えていました。
就職活動中に様々な企業を見ていく中で「簡単に消費されてしまうものではなく、人に長く大切にされる普遍的なものを作りたい」と強く感じ、ジュエリー業界に興味を持ちました。
そして、数あるジュエリー会社の中でも当社に入社を決めた理由は、細やかで妥協のない造形のクオリティや商品の芸術性の高さに魅力を感じたことももちろんですが、なにより、LUCIEのお客様ひとりひとりのために特別な一点もののジュエリーを仕立てる『オートクチュール』というブランドコンセプトに共感したからです。



『新卒入社後から現在までの仕事内容』

LUCIEオートクチュールデザイナーは、お客様のご要望やこだわりを反映させながら、身に着ける方に最も似合う世界に一つだけのジュエリーをデザインする仕事です。
そのためには、お客様のお気持ちを明確に汲み取り、心に響くデザインを提案するスキルが不可欠なので、新卒入社後はお出迎えやお茶出しなど接客の基礎から学び、まずはコンサルタントとして、お客様一組一組に合わせたカウンセリングができるよう経験を積みました。
入社2年目からデザイン研修をスタートさせ、テストをクリアした後に、デザイナーとしてデビューしました。現在は横浜みなとみらい店で日々たくさんのお客様の理想を形にしていけるよう、メインデザイナーとして仕事をしています。



『未経験でも安心してスタートできるデザイン研修』

丁寧な研修プログラムが用意されているため、専門知識や技術は入社後にきちんと身に付けることができます。
デザイン研修では、既製品を観察して描画課題に取り組み、ジュエリーの知識や構造の理解を深めながら先輩の添削をもとにデザイン画の精度を上げていきます。
LUCIEのオートクチュールデザイナーは、「お客様の目の前でデザイン画を仕上げていく」というパフォーマンス性が特徴です。美しく描画するスキルはもちろんですが、お客様のご要望を汲み取りながらスピーディにデザインを提案するスキルを習得するのが難しく、決められた時間内に描画を行うシミュレ-ションテストにとても苦労しました。
初めのうちは人前で描くことにも緊張してしまい、うまく手が動かないこともありましたが、デザイナーとしてデビューするという目標に向けて、慣れるまで諦めずに練習を重ねました。



『オートクチュールデザイナーとして心がけていること』

お客様らしい個性やモチーフを落とし込みながらも、ジュエリーとして普遍的に美しいデザインに仕上げることです。
特にブライダルジュエリーは気分で買い替えるものではないので、お客様が持っているイメージだけではなく、デザイナー目線からその方にフィットしそうな新たな提案を行うこともあります。
お客様が、想像を超えるデザインに巡り合えてとても感動してくださったときには、デザイナーとして大きな喜びを感じますが、やはりそのためには、デザイナーとしてのスキルだけではなく、コンサルタントとして培った接客スキルも必要だと感じます。
また、デザインだけでなく、お客様のイメージ通りに商品が美しく仕上がるように、製作工程にも携わり、店舗と職人の架け橋になれるよう努めています。

 


『デザインから完成、そしてお客様へのお渡しまでを
見届けられる仕事』

オートクチュールデザイナーの一番の特権は、お客様と対話しながら作り上げたデザインが職人の手を経て商品として完成するまでの工程に携わり、お客様の手元に届くまでを見届ける事ができる点だと感じています。
私自身も、デザイン画や図面で見ていたものが立体となって仕上がっていく様子は、毎回新鮮で感動します。また、完成したジュエリーを身に付けたお客様の嬉しそうな様子を見たときや、感謝のお声を直接いただけたときに、この仕事のやりがいを強く感じます。
お客様によって好みやイメージも毎回異なるので、同じデザインに辿り着くことがなく日々の学びが尽きないことも、オートクチュールデザイナーの面白さだと思います。



『今後の目標』


大切な一生物として、まだこの世に生み出されていないジュエリーのご購入を決めていただくというのは、お客様からの強い信頼と期待があってこそだと感じています。
その思いを汲み取りながら、シンプルなものから装飾性の高い物までどんな要望にも期待以上のデザインで応えていけるような、オートクチュールに限界をつくらない幅の広いデザイナーになっていきたいです。
目の前のお客様ひとりひとりを大切にしながら、デザインに対しても一期一会の気持ちを忘れず長く愛してもらえるジュエリーを手掛けていきたいです。