NIWAKA Corporation RECRUITING SITE 2017

「営業からセールスコンサルタントへの転身」 俄 神戸店 F.M.

-前職でどのような仕事をしていたのか、
 簡単に教えてください。



自動車の販売店で営業の仕事をしていました。仕事自体はとても楽しくて、自分なりの提案ができるところにやりがいがありました。結果が数字で見えることもモチベーションにつながっていましたね。
ただ、残業が多くて、休日もお客様からの呼び出しがあれば対応する必要がありました。
結婚をしたこともあって、このような働き方は家庭との両立が難しいと思い、転職することにしました。



-転職後、実際に店舗に立ち
 接客をした印象はどうでしたか?

入社約1か月後の、最初の接客は純粋におもしろいと感じました。
お客様としっかり話ができたことの楽しさや安堵感などがありました。
前職の経験はいろいろな面で役に立っていたと感じます。
例えば、男女でお店に買いに来られる方が多い点は、自動車もジュエリーも似ています。男女のお客様の間に温度差があることを分かったうえで接客できたというのは大きかったですね。
また、お客様のことをよく見る力も役立ちました。
お客様の些細な様子を見て、背景を考え、アプローチを工夫するのは同じですね。
こういうことは、しばらく経ってから、似ているからこそ意識せずにできていたことに気づきました。



-前職との違いなどでとまどう部分はありましたか?

前職は良くも悪くもやり方は、すべて自分の我流でした。お客様へのアプローチなどは経験から学んでいくしかありません。チームという考え方はあまりなく、個人単位で仕事をしていました。
一方俄では、会社としての考え方がきっちりあり、接客についての研修も整備されています。最初はそれに対して、自分のスタイルを出してはいけないのでは?と勘違いし、もどかしさを感じることがありました。
ただ、集合研修などで接客を体系的に学ぶうちに、「自分で考えたほうがいいんだ」ということに気づきました。学んだ内容を活かした上で、自分なりの考えを持って接客することが重要だと分かったんですね。
ベースとして営業のスキルがあったのも理解が早かった理由だと思います。

もちろん、研修で学んですぐに実践でできるようになるわけではないので、自分でも本を読んだり、他社の接客を受けたりして試行錯誤しました。いろいろと工夫して考えていくのが面白かったですね。
少しずつ自分のカラーが出せるようになっていきました。



-とても高い成績を残していますが、
 満足感は生まれていますか?

満足というのは不思議と生まれないんですよね。まだもっとできると思っています。
自信があるわけではなく、ここが限界と思うのが悔しいんです。この仕事は奥が深いので、知らないことがちらちらと見つかるのが面白いんです。
前職は、お客様のフォローなど雑務的な仕事が多く、商談は仕事の1割程度でした。
今の方が、お客様と接する回数が多く話をする時間も長いので、商談がたくさんできてるなと思います。
やればやるほどこの仕事が好きになるので、転職して良かったなと心の底から思っています。

 


-入社から約2年後に店長へとキャリアアップして
 いますが、店長としての仕事はどうでしたか?

当時のマネージャーから店長へ推薦していただいたのですが、もともと新しい仕事に取り組むのが好きなので店長をいずれやってみたいと思っていました。トラブルの対応やスタッフの指導など、新しい責任が増えて苦労することもありましたが、店長の仕事は楽しかったですね。やってよかったなと思います。
私はあまり言葉で人を引っ張るのが得意ではないんですが、本当に周りのスタッフに恵まれました。周りに助けてもらっていました。
それぞれが全力で仕事に取り組んでくれていることはよく分かっていたので、気づいたことをその都度改善していくようにしていました。
言うだけよりやってみせた方が伝わることもあるので、私は言葉の代わりに、自分の行動で示すようにしていました。



-どういうときに仕事での喜びを感じますか?

お客様が、担当してくれたのが福冨さんで良かった、この商品が良い、という決め方をしてくれるとやっぱり嬉しいですし、それがやりがいですね。それだけご満足いただけたんだなと思えます。
お客様は、購入したときのことを本当に良く覚えてくれているんですよね。購入後しばらくしてから、指輪のお手入れなどで店舗に立ち寄られる際に、お客様から声をかけてもらったりします。そういう時は本当に嬉しいですし、覚えてもらえる接客が出来たなら、「まずは合格点の接客だったんだな」と感じますね。




-最後に営業経験者の方にひと言お願いします



営業の仕事が好きだという人にとっては、絶対に楽しい仕事だと思うんです、この仕事。
なのでぜひどんな仕事か知ってほしいです。私もそうでしたが、たぶん「販売」のイメージが強いですよね。
でも、俄のセールスコンサルタントの仕事は「販売」じゃなく「商談」だと私は思います。
知らないのは本当にもったいないですよ。