NIWAKA Corporation RECRUITING SITE 2017

お客様の「満足」がやりがいにつながる魅力的な仕事です。 俄 銀座店 S.A.

『出会いはウエディングプランナー時代に』



一生に一度の幸せな時間をお客様と作り上げていきたいという思いから、前職はウエディングプランナーをしていました。結婚式の4ヵ月前からお客様と打ち合わせを行い、当日までサポートする仕事です。
結婚式では、終盤に新郎新婦から親御様へ記念品を贈呈するセレモニーがあります。お打合せ中、俄で結婚指輪を購入されたというお客様から「私達の結婚指輪には意味合いが込められていて、記念品で選んだネックレスも私達が持つリングと同じシリーズのものなので、贈呈する際に司会者の方に意味合いを話してほしい」というご要望をいただきました。結婚式当日、そのセレモニーはとても感動的なシーンとなり、ストーリーとコンセプトが込められている、俄のブランドとしての魅力を強く感じた出来事でした。



『ブライダルのトータルサポート』

指輪探しはブライダルのご準備の中で序盤に行われる方が多いと思います。
準備を始めたばかり、何から進めたら良いのかと不安な思いもある中で、私はプランナーの経験を活かし、両家顔合わせの会場選びのポイントや結納の流れなど、ご準備全体のイメージが持てるようなお話を織り交ぜながら接客をしています。お客様からも「そこまで親身に相談に乗って下さるなんて思わなかったです。ブライダルのトータルサポートですね。ありがとうございます。」と嬉しいお言葉を頂戴しました。私の接客によって結婚準備に安心感が生まれ、不安な気持ちよりも楽しい気持ちが強くなり、指輪探しも一生の思い出として良い形で刻んで頂けるよう心掛けて接客に臨んでいます。

 


『お客様の満足が仕事のやりがいに』

ご購入頂いたあともお客様との繋がりを大事にできることが、この仕事をしていてよかったなと思うところです。
指輪のメンテナンスでご来店下さったり、出産後にお子様と一緒に遊びに来て下さったりと、ご購入いただいてからもお客様と接する機会が多いのですが、「俄に行こう」ではなく「Sさんに会いにきました」というお言葉を頂いたりすると、とても嬉しく思います。
俄の接客のゴールは、お客様の購入後まで続く満足です。お客様が満足を感じて下さると同時にスタッフのやりがいにも繋がるので、俄の仕事はとても魅力的です。



『サプライズのプロポーズをお手伝い』

あるとき、婚約指輪をお探しの男性様がお一人でご来店されました。女性様にはサプライズで指輪をお渡しする予定とのことでしたが、プロポーズの内容が全然決まらないとお困りのご様子でした。そこで、女性様との出会いや思い出の場所などを深くお伺いし、お二人にあったプロポーズプランを男性様と一緒に考えて、婚約指輪をご提案しました。
そして数日後、その男性様が、プロポーズが成功したことをわざわざご報告に来て下さったのです。幸せそうにお話し頂く様子を見て、私も自分のことのように嬉しかったです。その後も結婚指輪をお二人で選びにきて下さり、結婚記念日にはファッションジュエリーも購入して頂くなど、今でも良い関係が続いています。



『俄に入社して』

今まで接客業に携わってきましたが、俄に入社してから、接客を極めていきたいと思う気持ちがより強くなりました。お客様が話しやすい環境を作り、お客様が求めていることを瞬時に察知して提案すること、それは簡単なようでとても難しいということを痛感しました。
俄では、平日の空いた時間で研修を行うなど、お客様に満足して頂くにはどうすれば良いのかをスタッフ同士で話し合う環境も整っているので、個人個人が成長できる職場だと思います。また店内や商品ひとつひとつには、デザイナーや職人のこだわりが詰まっています。そしてそのこだわりを直接お客様にお伝えすることは、販売員にしか出来ない重要な役割だと思っています。俄を数多くのお客様に知っていただくために接客の基礎を学び、よりお客様に合った提案が出来るセールスコンサルタントになりたいです。




『自身の今後の成長について』



結婚指輪を販売しているブランドはたくさんあります。
お客様はその多くあるブランドの中から俄に興味を持ち、俄を選んでご来店下さっているので、まずはご来店頂けたことに感謝し、俄の魅力を100%お伝えします。そして、お客様の期待以上の提案が出来たときに初めて、生涯に渡って感じて頂ける「満足」が生まれると考えています。一組一組のお客様としっかり向き合いながら、お気持ちの一歩先を進んだ接客が出来るよう、日々切磋琢磨していきます。
お客様の満足を提供することには限界や終わりはないと考えていますので、目標を持って向上していき、その目標が達成してからも新たな目標を掲げ、自分自身の成長に繋げていきたいです。

prev
next